必見☆クリスマス什器購入サイト

トップ > クリスマスの什器情報 > クリスマス商戦に適した陳列方法の詳細

クリスマス商戦に適した陳列方法の詳細

クリスマスは一年の締めに相当する大きなイベントなので、多くの業種で特別な日と認識されています。
中でも小売業においては年末商戦に直結する重大イベントなので、売り上げアップを目的とした様々な工夫を凝らすのが普通です。
クリスマスの時期になると専用の商品が多数市販される他、売り場には華やかな飾り付けが行われます。
また、集客効果を狙った目立ちやすい陳列も行うのが一般的なので、扱いやすい什器を選ぶことが大切です。
店舗で扱う什器は商品を目立ちやすい位置に置く他、出し入れが容易な構造になっているのが普通ですが、クリスマスをはじめとする大掛かりなイベントでは商品を多くの人に見てもらうのが第一の目的になります。
そのため、出し入れのし易さよりも目立つ配置が出来る作りの什器を使うのが売り上げを伸ばすための工夫です。


クリスマスの雰囲気を演出するためには店内に専用の装飾を施して彩を添えるのが最も効果的です。
店舗の広さによっては天井や壁の他に什器にも飾り付けを施すことで、クリスマスらしさを保つことが出来ます。
その一方で什器の作りによっては装飾品を付けるのは難しいことから、手書きPOPや小型のクリスマスツリーを置くなど、什器のデザインに左右されない装飾を施す工夫が求められます。
店舗で使う什器は維持コストの面から近年では業者からのリース品を使うケースが増えています。
リース品は期間を定めて使うのが普通なので、クリスマスのような特別なイベントに合わせた短期の使用にも対応しているのが利点です。
クリスマス専用の商品を陳列するのに特化した特別なデザインの什器を扱っている業者も多いので、上手に活用することで一年に一度のイベントをより華やかにすることが可能です。


店舗でのクリスマス販売は来客の購買意欲を向上させる工夫が必要になります。
商品を陳列する什器は売り上げには直接の影響はありませんが、商品の陳列方法や装飾の有無など、細かい部分に工夫を施すことで店内の雰囲気を良好に保ち、購買意欲の向上に繋がる可能性があります。
既存の什器をそのまま使う場合でも置き場所を変えたり棚の段数を変更するなど、見た目の印象を変えることで特別な日であることを表現することが可能です。
特に売り場面積が広い店舗はすべての什器に装飾を施したり入れ替えを行うのは非常に手間がかかります。
時間をかけずに実行出来る小規模な工夫でも見せ方が良ければクリスマス商戦の大きなプラスになるので、店舗の構造や客層を意識した工夫を施すのが売り場で働く人に求められる姿勢です。

次の記事へ